ゼロカット

ゼロカットとロスカットは何が違う?
ゼロカットシステムはどのFX会社でも採用している?

FXに関する用語はたくさんあるので、正しく理解するまでは混同しやすいですよね。

今回は、FX用語のひとつである「ゼロカット」について解説していきます。

ゼロカットの仕組みから覚えておいて欲しいことまで丁寧に解説するので、まったく知識がない人でも問題ありません。

ゼロカットの仕組みを理解すると、これからのFXがさらに楽しくなること間違いなし!

それではさっそくゼロカットについて説明していきましょう。

ゼロカットとは

そもそもゼロカットとはどのようなシステムなのでしょうか。

ゼロカット・・・口座残高がマイナスになった分をFX会社が肩代わりしてくれる仕組み

ゼロカットと混同しやすい「ロスカット」についての説明はこちら↓

マイナスになった分を肩代わりしてくれるということは、ユーザーが借金を背負うことは一切ありません。

そもそもロスカットがあるのに、借金を背負うことなんてあるの?

このように考えた方もいるでしょう。

実は、ロスカットは100%間に合うわけではないのです!

為替が急変した場合、ロスカットが間に合わずにユーザーは多額の借金を背負う可能性があります。

実際に、スイスフランショックの際は多くのユーザーが大損失を負ってしまいました。

このようなことになるかもしれないと思うと、取引が恐ろしくなってしまいますよね。

しかし、ゼロカットを採用しているFX会社であれば自分が投資した金額以上の損失は出ないため、安心して取引ができるのです。

ゼロカット執行のタイミング

それでは一体、このゼロカットはどんなタイミングで行われるのでしょうか。

ゼロカットが行われるまでの流れとしては、

マージンコール→ロスカット→ゼロカット

の順番になっています。

証拠金維持率が下がってくると、トレーダーに証拠金を増やすように要請するマージンコールが発生。

その後、証拠金維持率が一定のラインを下回るとロスカットが行われます。

ロスカットの時点で損失は確定されますが、その後さらに損失が膨らみ口座の残高が0になるとゼロカットが行われます。

口座の残高が0になってもゼロカットが実際に反映されるまでには数時間がかかる場合もあるので、すぐにゼロカットされたことが確認できなくても焦らないようにしましょう。

ゼロカットに関してこれは覚えておこう!

続いては、ゼロカットに関して覚えておくべきことを紹介します。

知らなかったり勘違いして覚えていたりすると、ゼロカットが執行されていない!なんてことになりかねません。

それでは順番に見ていきましょう。

海外FX業者はゼロカットシステムを採用していることが多い

ここまでの流れでゼロカットを採用しているFX会社が良い!と考えた方は多いと思います。

しかし、国内FXでゼロカットシステムを採用しているFX会社はありません

反対に、海外FX会社の多くはゼロカットシステムを採用しています。

なぜ海外FXはゼロカットシステムを採用しているのでしょうか。

それは、海外FX業者の多くは日本の金融ライセンスを取得していないためです。

もし日本国内で追証を巡って裁判を起こしても、そもそも無許可営業ですから追証を回収することは不可能

追証を請求することが出来ないのであれば、はじめから追証はなしにしよう!となったのです。

そのため、日本の金融ライセンスを取得していない海外FXの多くはゼロカットを採用していますが、国内FXではゼロカットを採用していません。

FX会社を選ぶ際、この点には注意しましょう。

ゼロカット執行の条件に注意

続いて、ゼロカットの執行条件を説明します。

実はゼロカットが執行されるためには、条件が存在するのです。

それは、

・ポジションを保有していないこと
・複数口座を使っての両建てをしていないこと

この2つです。

他にポジションを保有している状態では、ひとつのポジションでゼロカットが執行されてFX会社が損失を肩代わりしてくれても、別のポジションで利益を出すかもしれませんよね。

これではFX会社はただ損をするだけになってしまいます。

これと同じ理由で、複数口座を使った両建てをしている状態でもゼロカットは執行されません。

口座残高がマイナスになってしまったら、まずは他に保有しているポジションがないか、複数口座での両建てをしていないか、この2点を確認しましょう。

ゼロカットの際はボーナスから相殺

最後に、ゼロカットの際はまずはボーナスから相殺されることを知っておきましょう。

損失を肩代わりしてくれるわけですから、ボーナスははじめに相殺されます。

ボーナスだけ取っておくなんてことはないので注意してください。

まとめ

今回は、FX用語のひとつである「ゼロカット」について紹介してきました。

みなさんは「ゼロカット」を正しく理解できていましたか?

ユーザーからすると大変ありがたいシステムですが、すべてのFX会社が導入しているわけではないので注意が必要でした。

また、どんな時もゼロカットが執行されるわけではなく、執行には条件がありましたね。

今後のトレードでゼロカットを使う時に備えて、しっかり覚えておきましょう。

投資用語辞典の最新記事はコチラ!