円高・円安とは?

今まで、ニュースなどで「1ドル90円」「1ドル100円」と言っているのを聞いたことはないでしょうか?

この言葉の意味は、文字通り「1ドルが90円で交換できる」「1ドルが100円で交換できる」という内容です。通貨の価値というのは常に変わっていき、この円とドルの価値を「為替(かわせ)レート」と言います。

1ドルが90円で交換できるということは、1ドルに100円払わないと交換できなかった頃より、ドルの価値が下がったということ。つまり、ドルに対して円の価値が上がった=円高になったということです。

逆のケースである、ドルに対して円の価値が下がった状態を「円安」と呼びます。

円高・円安になるとどんな影響があるの?メリット・デメリットは?

円安・円高になるとどういうメリットが生じるのでしょうか。実生活に照らし合わせて解説していきましょう。

まず、円高(海外通貨に対して円の価値が上がった状態)になると、以下のようなメリットがあります。

  • 海外旅行で外貨を多く交換できる=海外旅行に行きやすくなる
  • 石油など、海外から輸入された製品を安く買える
  • 輸入品を安く仕入れられる

一見、円高はいい影響を及ぼすように見えます。ですが、同時に以下のようなデメリットも発生します。

  • 海外で商品が売れにくくなる
  • 売上(海外通貨)あたりの収入(日本円)が少なくなる=輸出収益が減ってしまう
  • 海外旅行に行きやすくなる反面、海外からの観光客が来にくくなる

円高の場合、主に輸出業を中心とする企業や、訪日外国人需要を狙った企業の利益が下がり、厳しい状況になります。どちらも、日本の産業で重要なウェイトを占めている分野ですから、「円高になると景気が悪くなる」と言われているのはこのためですね。

逆に、円安の場合はメリット・デメリットが逆転します。海外旅行に行きにくくなったり、石油などの輸入品が高くなったりする問題が発生しますが、輸出産業は活発化し、訪日客も増える傾向にあります。

どちらがいいかというものではありませんが、円の価値が変わると国内にこれだけの影響がある、という点を押さえておくとよいでしょう。

お金の価値はどうして変わるの?

先ほど、円高・円安について解説しましたが、そもそもお金の価値というのは、誰が決めて、どう変わっているのでしょうか?

実は、通貨の価値は誰が決めているというものではありません。「その通貨を必要とする人=需要の差」によって変わるのです。「通貨の人気によって変わる」と言ったほうがイメージしやすいでしょうか。人やモノの人気は、ちょっとしたニュースで移り変わるように、通貨も日々価値が変わり続けています。

たとえば、あるニュースがあったとして、それを見てドルを持っている人みんなが「今、日本で買い物をするとお得だ」と思い、手持ちのドルを日本円に変え始めたとします。

そうすると、日本円が今売れるなと感じた人が、為替市場で売値を上げ始めます。そして、日本円の需要が上がった状態になるのです。

ドルから日本円に変換する時のレートが上がる=円高になるというわけですね。この円高や円安といった指標となる為替レートは、先で述べたようにビジネスだけでなく生活にも影響を及ぼしています。

このように、人々の需要と供給によって円高・円安が決まっていきます。では、FXと円高・円安はどう関係してくるのでしょうか?

FXと円高・円安の関係。どっちのタイミングを狙うべき?

結論から言うと、「円高で買って、円安で売る」のがセオリーとされています。有名なので、すでに知っている方も少なくないかもしれませんが、今回はこのセオリーについてもう少し踏み込んで説明していきます。

たとえば、1ドルあたり100円で、1万ドル分買ったとします。日本円売り・米ドル買いのトレードですね。

その後、円安になり「1ドルあたり101円」でこの1万円分のドルを売ることに成功しました。すると、1ドルあたり1円の利益(為替差益といいます)が出て、1万円の利益が出る計算になります。

逆に、「1ドルあたり99円」で1万円分のドルを売るとどうなるでしょうか。この場合は、1ドルあたり1円の損失(為替差損といいます)が出て、1万円の損失が出てしまう計算になります。

このように、単純ですが「エントリーした時点より円安になったら売る」ことが鉄則であり、セオリーとなっています。

そして、「今エントリーしたとして、この後円高・円安どちらになりそうか」という予測は、経済誌やニュースなどあらゆる情報媒体をチェックして情報をかき集め、常に考えていく必要があるのです。

円高・円安を理解し、FXや経済に詳しくなろう

日本円やドルなど、通貨の価値は今この瞬間でも常に変わっています。さっきまでは1ドルの値段が100円だったのが、5分後には1ドルの値段が99円になる……。その値動きのことを指して、「円高」「円安」と呼びます。

この概念や、円高・円安がもたらす影響を知っておくことは、FXだけでなく経済のことにも詳しくなる足がかりとなります。ここからさらに踏み込んで経済用語を知っていき、お金に対する理解を深めていくともっと投資が楽しくなるかもしれません。

投資用語辞典の最新記事はコチラ!