株ってなに?

「株で儲かるのはなぜ?」
「株を買うとどうなる?」

今更こんなこと聞けない…!
そんな風に考えている方でも大丈夫。

ここでは、株について1から解説します。

投資といえばまず思い浮かべるであろう「株」ですが、一体どのような投資なのでしょうか。

さっそく説明していきましょう。

株について知ろう!

はじめに、株の仕組みについて説明していきます。
株とは通常「株式」のことを指し、株式を購入する投資を株式投資と呼びます。

まずは、下の図を見てください。
株の仕組み

ある会社が事業を始めたい、大きくしたいなどの理由で資金が必要!

そんな時、会社は資金を調達してくれる投資家を探します。
資金を会社のために調達するこの投資家こそが「株主」です。

それでは、会社と株主の関係はどのようになっているのでしょうか。

株主は会社のために資金を調達。
反対に株式会社は、株主に対して「株式」という証書を発行します。

これが簡単な「株」の仕組みですが、これだけ聞いても株主は一体何のために会社に資金を調達して株式を購入するのかわかりませんよね。

なぜ投資家は株式を購入するのか、次の章で見ていきましょう。

株をはじめるとこんなメリットが!

株式を購入するメリットはどんなものがあるのでしょうか。

メリットがなければ、多くの投資家が株式を購入するはずないですよね。

この章では、

・キャピタルゲインを狙える
・配当金がもらえる
・嬉しい株主優待が受けられる

この3つのメリットについてお伝えします。

これらのメリットを知ると、あなたも株に興味が湧いてくるかもしれません。

キャピタルゲインを狙える

1つ目のメリットは、キャピタルゲインを狙えることです。

キャピタルゲイン・・・投資した株式の価値が上がった際に、保有している株式を売却して利益を得ること

例えば、あなたが会社の株式を50万円で購入したとします。
その後、この会社の株式需要が高まったことで株式価格は60万円に上昇しました。

この時に保有している株式を売却すると、

60-50=10

10万円の利益が獲得できますね。
これがキャピタルゲインです。

ちなみに株式を購入する投資家のほとんどは、このキャピタルゲインが目的だと言われています。

有望な企業の株式を購入することで、いずれ利益を獲得できるかもしれない!
そのため、投資家は将来を見据えて投資する企業を選び、その企業の株式を購入するのです。

これが株式を購入する1つ目のメリットでした。

配当金がもらえる

2つ目のメリットは、配当金をもらえることです。

配当金とは、会社の利益の一部を株主に還元するもの

自分が株式を買った会社が利益を上げると、株主はその利益の一部をもらうことが出来ます。

会社側からすると株主が投資してくれた資金のおかげで利益を挙げられたので、株主にも一部の利益を配分するというわけです。

ただし、配当金がない会社もあるので注意しましょう。

嬉しい株主優待が受けられる

最後に紹介するメリットは、株主優待を受けられることです。

株主優待とは、株式を購入してくれた株主に向けて自社の商品やサービスなどを提供する制度のこと。

株式を保有しているだけで優待が受けられるなんて、なんだかワクワクしてきませんか?

それでは一体どんな株主優待があるのか、人気の株主優待を一部ご紹介しましょう。

株主優待
株主優待で受けられるサービスの種類も、もちろん企業によって異なります。
どれも嬉しい優待ですよね。

株主優待はすべての会社で行っているわけではありませんが、株主優待を実施している企業は毎年増え続けています。

株主優待の魅力がおわかりいただけたでしょうか?
これが3つ目のメリットでした。

ここまで株をはじめる3つのメリットについてお話ししてきました。

どのメリットも魅力的で、株をはじめる人が多いのも納得です。

株におけるデメリットは?

メリットを知ったところで、続いては株におけるデメリットを紹介していきます。

投資にはもちろんデメリットも存在するので、メリットと同様にデメリットについても理解を深めておきましょう。

今回は、

・初期投資額は比較的高い
・価格変動で損をすることがある
・流動性リスクがある

初期投資額は比較的高い

1つ目に、初期投資額が比較的高いことが挙げられます。

投資によっては100円単位ではじめられるものもありますが、株の場合は目安として10万円は必要でしょう。

投資自体が初心者の場合、10万円をいきなり投資するのは少し勇気がいりますよね。

これは、特に投資初心者にとってデメリットとなり得るでしょう。

価格変動で損をすることがある

2つ目のデメリットは、価格の変動によって損をする可能性があることです。

先ほどメリットでキャピタルゲインについてお話ししました。

そこでは株式の価格が上がると利益を獲得出来ると述べましたが、もちろんこの逆もあり得ます。

株価が下がれば損をする可能性もあるということをよく覚えておきましょう。

流動性リスクがある

3つ目のデメリットとして、株には流動性リスクが伴っていることが挙げられます。

株が欲しい!と思っても、すぐに購入できるかはわかりません。

特にあまり知られていない企業の場合、自分の思ったようには購入できなかったり、売れなかったりすることがあります。

自分の買いたい時、売りたい時に必ずしも取引が成立するわけではないのです。

ここまで株に関する3つのデメリットを紹介してきました。
メリットもある一方で、このようなデメリットがあることもしっかり覚えておきましょう。

まとめ

この記事では、「株」についての仕組みやメリット・デメリットについて紹介しました。

株について全く知らなかった人も、少しは理解を深めることが出来たのではないでしょうか。

投資といっても様々な種類の投資があります。

是非他の投資についての記事も読んでみてください。

合わせて読みたい

海外FXの特徴が知りたい! 国内FXとは何が違うの? このような疑問を抱いている方に向けて、今回は投資の一種である海外FXについて徹底解説していきます! 海外FXについての理解を深めるチャンス。 もしかしたらあなたの投資にも[…]

投資の種類の最新記事はコチラ!