ロスカット

今回はFXにおける用語である「ロスカット」について解説していきます。

ロスカットの正しい仕組みやタイミングを理解して、トレードをうまくコントロールしていきましょう。

ロスカットとは

皆さんは、ロスカットという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

FXを始める前に必ず知っておいて欲しい言葉のひとつが、このロスカットです。

ロスカットとは、口座にある証拠金の含み損がある一定のラインに達すると、自動的に全てのポジションが決済される仕組みのことを指します。

ロスカットの役割としては、大きな損失が出る前に自動的に決済をすることでユーザーを保護すること。

こうしてみると、大きな損失を防いでくれるユーザーにとってありがたいシステムのように感じますよね。

しかし、トレーダーは本当にロスカットを望んでいるのでしょうか。

結論から申し上げると、FXトレーダーはロスカットに対して、トレーダーの保護というよりも避けたいものという認識の方が強いのです。

なぜでしょうか。

まず、ロスカットによってこれから為替の回復が見込めるかもしれないのにも関わらず、勝手に損失が確定されてしまいますよね。

さらに、全てのポジションを自動的に決済されてしまうので、FXをまた1から始めるも同然

そのため、ロスカットで損失を確定される前に自分で損切りを行いたい、為替の回復をもう少し待ちたいと考えるトレーダーが多くなるのです。

このように、ロスカットの役割自体はユーザーを保護することであっても、実際には避けたいものとして認識されていると覚えておくと良いでしょう。

ロスカット執行のタイミング

一定のラインに達すると全てのポジションが決済されるとお伝えしましたが、実際にロスカットが執行されるタイミングは決まっているのでしょうか。

ロスカットが執行されるタイミングはFX会社によって異なり、それぞれのFX会社が設ける基準に従ってロスカットが執行されます。

そして、このロスカット執行のタイミングに大きく関わってくるのが証拠金維持率です。

証拠金維持率の計算はすこし複雑なので、わかりやすく説明しましょう。

証拠金維持率とは、必要証拠金に対する純資産の割合のことです。
※純資産=口座の残高+含み損益

式にあらわすと、

純資産額÷必要証拠金×100

で求めることが出来ます。

この証拠金維持率が低いほどロスカット執行に近づきます。

メジャーなFX会社のロスカット水準を挙げてみましょう。
ロスカット基準比較
ロスカット水準の面で見ると、国内FXに比べて海外FXの方が水準は低く、ロスカットまで余裕があることがわかりますね。

これは反対に、国内FXではロスカットが執行されやすいとも捉えられるので証拠金維持率には注意が必要です。

自分が取引しているFX会社のロスカット水準を把握し、水準を下回らないように十分注意しましょう。

ロスカットは防げる?

ここまでロスカットは避けたいものであるとお話ししてきましたが、そもそもロスカットは防ぐことは出来るのでしょうか?

ロスカットを防ぐためには、口座に資金を追加するほかありません。

口座に資金を追加すると、必要証拠金に対する純資産の割合、つまり証拠金維持率が高まるため、ロスカット水準から遠ざかることになります。

勝手に全てのポジションを決済されるなんて絶対に避けたい!

このように考えている人は定期的に証拠金維持率を確認し、ロスカット水準に達しそうであれば口座に資金を入れることでうまくロスカットを回避しましょう。

まとめ

今回は、「ロスカット」について紹介しました。

トレーダーの大損失から守ってくれるロスカットでしたが、実際はロスカットを回避したいトレーダーがほとんど。

ロスカット水準には十分に気を付けて、知らないうちにロスカットされていた!なんてことにならないようにしてください。

ロスカットの仕組みやタイミング、回避する方法を頭に入れて、今後も楽しいトレードが出来ると良いですね。

投資用語辞典の最新記事はコチラ!