レバレッジ

今回は、投資の中でもFXに関連した重要用語のひとつである「レバレッジ」について解説していきます。

レバレッジの正しい仕組みを理解することは、トレードを行っていく上でとても大切です。

是非、この記事を読んでレバレッジについての理解を深めましょう。

レバレッジとは

そもそも、FXにおけるレバレッジとは何を示すのでしょうか。
FXにおけるレバレッジとは、実際に投資した金額の何倍もの資金を取引できる仕組みのこと

国内FXの場合は最大レバレッジ25倍、海外FXの場合は1000倍以上、FX業者によっては最大で6000倍ものレバレッジをかけることが出来ます!

レバレッジ1000倍の場合は、投資額10,000円で10,000,000円(10,000×1000)もの取引が可能になるのです。

自分で投資した金額の何倍もの資金を取引できるなんて、ユーザーにとってここまで魅力的なことはありませんよね。

このレバレッジをうまく活用することで、投資額よりも多くの資金をトレードすることが出来ます。

レバレッジの仕組み

続いては、レバレッジの仕組みについて解説します。

このレバレッジに関して、ひとつ注意点があります。

実はこのレバレッジ、ユーザー自身がレバレッジ10倍にしたい!といったように自分でレバレッジを決めることは出来ません。

レバレッジはその時のレートや取引額、そして証拠金額によって変わってきます

計算式を使って、実際にレバレッジを求める練習をしてみましょう。

計算式:現在のレート×取引数量(取引通貨数)÷有効証拠金額
※有効証拠金額・・・口座に入っている資金に含み損益を加えた金額

それでは、以下の場合のレバレッジを求めてみましょう。

  • 1ドル100円とする
  • 10,000通貨の取引を行う
  • 口座には120,000円があり、含み損益が+5,000円とする(有効証拠金額=120,000+5,000)

現在のレート×取引数量÷有効証拠金額
100×10,000÷125,000=8

となるので、このような場合のレバレッジは8倍になります。

この式からわかるように、レバレッジは為替や口座に入っている金額によって決まるため、はじめから希望通りのレバレッジをかけることは難しいのです。

この計算式を頭に入れて、自分は今どのくらいのレバレッジをかけて取引しているのか把握しておくと良いですね。

レバレッジのメリット・デメリット

続いては、レバレッジにおけるメリットとデメリットを紹介していきます。

ここまでの説明を見るとレバレッジはとても魅力的なものに見えますが、そんなレバレッジにもデメリットが存在します。

それでは、メリット、デメリットの順に見ていきましょう。

メリット:より多くの資金を取引できる

これは、レバレッジについての説明でおわかりいただけた方も多いと思いますが、レバレッジのメリットは投資額の何倍もの資金を取引できることです。

実際に使う金額よりも多くの資金を取引できるので、利益を出すことが出来れば大儲け!

つまり、レバレッジを高くかければかけるほど利益も大きくなるのです。

これはユーザーにとって大変魅力的であり、レバレッジのメリットと言えるでしょう。

デメリット:大きな損失を被る可能性がある

次に、レバレッジのデメリットについて説明します。

レバレッジのメリットでより多くの資金を取引できるとお伝えしましたが、ここで不安に感じた方もいたのではないでしょうか。

より多くの資金を取引できるということは、成功したらレバレッジをかけた分、利益は何倍にもなります。
しかし、失敗した場合は損失もその分大きくなるわけです。

このように損失額が大きくなるリスクがある点は、レバレッジのデメリットになります。

まとめ

今回は、FXの重要用語であるレバレッジについて説明しました。

レバレッジの仕組みやメリット・デメリットはおわかりいただけたでしょうか。

今後の取引を楽しむためにも、レバレッジについてここでしっかりと理解しておきましょう。

投資用語辞典の最新記事はコチラ!